CLOSE
記事を読む

時短勤務人材を受け入れたことで、人材確保の概念が変わった!

【Sponsored】
2018/12/28

創建550年を迎える満照山 眞敬寺は、スタッフの確保に頭を痛めていました。お寺という独特のイメージがあり、採用募集をかけてもなかなか応募が集まりませんでした。そうした中、眞敬寺はリクルートスタッフィングに問い合わせたところ、時短のプロフェッショナルな即戦力人材「ZIP WORK」の提案を受けました。眞敬寺 第17世住職の釋朋宣氏に、時短勤務人材を受け入れるメリットをうかがいました。

 

人材募集しても応募がない…

創建550年を迎える満照山 眞敬寺は、2017年10月に東日本大震災にて半壊した本堂を、室内墓所 蔵前陵苑を併設する眞敬寺として再建しました。「お寺」というと、「しきたりやマナーなどが厳しそう」というイメージが先行し、多くの人にとって足を踏み入れにくい場所になっていたように思います。その印象を払拭するようなお寺にしたいというのが、新しい眞敬寺のコンセプトです。館内は靴を履いたままお上がりいただけるようにし、本堂も椅子席をご用意しています。また、バリアフリーにすることはもちろん、授乳室も完備しました。一見すると近代的な空間に見えますが、内装を京都の宮大工さんに作っていただくなど、伝統もしっかり受け継いでいます。おかげさまで、この1年でたくさんの方にお越しいただくことができました。

RS_shinkyouji05

「求人募集をしても応募はほとんどありませんでした」とかつての苦労を語る満照山 眞敬寺の住職、釋朋宣氏

その一方で、スタッフ採用にはとても苦労していました。「お寺で仕事といっても、いったい何をするんだろう」という方がほとんどだと思います。求人サイトはもちろん、知人にもあたってみましたが、欲しい人材になかなか巡り合うことができませんでした。

男女問わず、さまざまな業務のスタッフを募集していましたが、その中でも特に必要としていたのが、VBAやマクロのスキルを持った人材でした。近年はお寺もIT化が進み、檀信徒さんを管理するためのソフトウェアを使うところが増えてきています。

例えば、年回忌案内、法名の管理、法要の時間や参詣人数をはじめ、食事はどれだけ用意するか、どの仕出し屋さんに発注するかなど、かつては手書きですべて管理していました。それが、今ではクラウドで一括管理することが可能なサービスが提供されています。このようなサービスを利用すれば、檀信徒さんは打ち合わせのためにご来苑いただいた際、タブレット端末を使ってそれぞれの情報を確認しながらその場で必要事項を入力でき、準備にかかる手間を削減することが可能となるはずです。

しかし、このような管理ソフトは非常に便利ではありますが、お寺によって求める仕様が異なり、管理したい情報も異なります。残念ながら、眞敬寺には市販のものでは要件を満たしておらず、カスタマイズで対応できるレベルではありませんでした。

そこで、プログラミングができて、こちらの要望を聞き入れながらいっしょに管理ソフトを開発してくれるような人材がいないだろうかと、リクルートスタッフィングに問い合わせました。

週4回、10~18時の時短勤務が叶えたこと

リクルートスタッフィングから派遣していただいた方は、まさにわたしたちが求めていた人材でした。かつてIT企業でシステム管理者として業務フロー構築経験があり、プログラミングスキルを持った女性でした。現在はワークライフバランス重視で時短勤務を希望され、眞敬寺で働いていただくことになりました。

管理ソフトを開発するうえで、こちらの要望をそのまま取り入れるのではなく、ITの観点からみずからの意見も言ってくださることが理想です。彼女はこちらのニーズを聞きつつ、「この機能があったほうが便利ですよね」「これができたら、もっと良くなりますよ」など、一つ一つ職員とコミュニケーションを取りながら開発を進めてくれています。

現在は、週4日出勤で10~18時という勤務形態です。当初は、フルタイムで働ける方を探していましたが、ソフト開発をメインにお願いするのであれば、必ずしもフルタイムで働いてもらう必要もないだろうということに気づきました。実際に働いてもらう中で、時短勤務でも特に問題ないことがわかりました。

ソフト開発は中長期的な仕事になるので、本日中に終わらせてほしいということがなく、時短勤務でも支障はありません。むしろ、時短勤務ということで、限られた時間で効率よく作業することに対して高い意識を持ってくれているように感じます。正社員として働いていた経験もあり、自分自身をマネジメントできるスキルも備えているため、その点も安心です。

「フルタイム勤務でないといけない」という思い込み

RS_shinkyouji04

眞敬寺では、時短勤務のスタッフを受け入れたことで、人材確保の概念が明らかに変わりました。実はいま、SNSを運用管理してくださる方を探しています。業務内容は、投稿や写真の編集などの作業です。業務量がそれほど多くなく、時短勤務でも十分活躍できる仕事なので、またぴったりの方を見つけられたらいいなと思います。「フルタイム勤務でないといけない」という思い込みがあったままでは、こうした条件での募集は考えつかなかったかもしれません。多様な働き方を受け入れることで、お寺としての新たな可能性が広がっていることを実感しています。

ZIPWORK_logo_1_真敬寺

 

 

 

 

詳細はこちらボタン

料金表_資料請求ボタン

お問い合わせボタン

※サービス範囲は東京都内及び神奈川・埼玉・千葉に限ります
※ご契約は31日以上からとなります

CLOSE

このコンテンツは端末をタテにしてご覧ください